ご高齢者の治療

ご高齢者の治療

ご高齢者の治療​

お口の健康が全身の健康を左右することが認知されるようになり、予防や早期治療の意識が高まっています。
一方で、「もう若くないから」「見た目を気にする歳でもないし」といった理由から、予防・治療をおろそかにしてしまうご高齢者の方々も未だ多く見られます。
虫歯や歯周病の治療はもちろんですが、年齢にかかわらず、口腔ケアはすべての方に必要な予防処置です。
お口の中をきれいにし、その機能を維持することで、口腔トラブルに加えて、誤謬性肺炎など、ときに命にかかわる事態を予防することができます。また、強く、回数多く噛むことは、認知症を防いだり、発症を遅らせることにつながります。
年齢を重ねても、口腔ケアの重要性は変わりません。症状がなくとも、定期的にお口のチェックにいらしてください。
当院では、地域のご高齢の方々の健康をお守りするため、以下のような診療も行っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

摂食・嚥下トレーニング

摂食・嚥下トレーニング

食べる(摂食)、飲み込む(嚥下)といった機能は、年齢とともに衰えていきます。
やわらかいものしか食べなかったり、うまく飲み込めないために食事が嫌いになってしまっては、お口だけでなく全身の健康にも悪影響を及ぼし、誤謬性肺炎や認知症の発症のリスクを高めます。
当院では、口腔ケアと口腔マッサージによる摂食・嚥下トレーニングを行っております。お口が持つ本来の機能を回復させ、おいしく、楽しい食生活を取り戻しましょう。

ドライマウス治療

ドライマウス治療

一般的に、加齢とともに唾液の分泌量は低下していきます。
しかし、実際には薬の副作用などで唾液の分泌機能が低下していることも少なくありません(抗うつ剤、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤など)。お口の健康を損なうほど分泌量が低下している場合には、薬の使用や使用量を再度検討する必要があります。
薬の副作用ではないドライマウスの方にも効果が期待できるのが、唾液腺マッサージです。気持ちのいいマッサージで、唾液の分泌が促進されます。一度覚えれば、ご家庭でも簡単に実践していただけるものですので、ぜひ一度ご相談ください。

唾液の分泌量が少なくなると…
  • 口腔内の自浄作用の低下により、虫歯・歯周病のリスクが高まる
  • 口腔内の粘つきが強くなり、不快感を伴う
  • 乾燥した食べ物を食べにくく、噛みにくくなる

訪問治療

訪問治療

当院では、寝たきり、身体の障害、病気などによって通院が困難な方を対象に、訪問治療を実施しております。
患者様のご自宅などで、院内治療に近い形で治療ができます。ご家族や介護をされている方のご同席が望ましいと当院は考えておりますので、夕方から夜間にかけての時間帯でも対応いたします。
ご本人様、あるいはご家族の方より、お気軽にお問合せください。

主な診療内容
  • 一般歯科(虫歯治療・歯周病治療)
  • 口腔ケア
  • 入れ歯治療(作製・調整・修理)
  • 摂食・嚥下トレーニング
対象となる訪問先
  • ご自宅
  • 入院中の病院
  • 入居中の施設 など

※訪問先は、当該医療機関(当院)から16km以内と定められています。該当するかどうかわからないという方は、一度ご連絡ください。

入れ歯治療

入れ歯治療

入れ歯には、保険診療のものと自由診療のものがあります。
保険診療の場合には、レジンと呼ばれる歯科用プラスチックで入れ歯を作ります(レジン床入れ歯)。材料や工程に制限が設けられているため、自由診療の入れ歯と比べると、審美性・機能性に限界があります。
もちろん、患者様によって求められる入れ歯の審美性・機能性には差があります。一概に自由診療の入れ歯でないと駄目、とはいえませんが、現在保険診療の入れ歯を使用されていて、ご不満点がある場合には、自由診療の入れ歯のご検討をおすすめします。
なお、当院では訪問治療での入れ歯治療も行っております。入れ歯の作製、調整、修理などが可能ですので、お気軽にお問合せください。


入れ歯専門サイト

経験が、使い心地の差に現れます

経験が、使い心地の差に現れます

入れ歯治療、特に総入れ歯の場合は、単に“歯が失われた空間”に入れ歯を入れるだけではなく、その入れ歯が正しく、痛みなく動かせなければなりません。
そのため、型取り、設計時の調整が非常に重要になります。衛生士に型取りをまかせる歯科医院もあるようですが、当院では必ず院長が型取りを実施します。その後の設計・調整・作製に実際に携わり、熟知している歯科医が行うことが、入れ歯の使い心地のよさを最大限引き出すと考えるためです。
当院院長は、30年以上の入れ歯治療の経験があります。取り付けた入れ歯がどのように吸着し、どのように動くかを予測しながら、入れ歯を設計することができます。どうぞ、安心しておまかせください。

当院の精密入れ歯

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

保険診療の部分入れ歯に付いている、金属のバネがない入れ歯です。
床部分がやわらかいプラスチック製になっておりますので、周囲の歯に負担をかけることもありません。審美性と機能性を兼ね備えた入れ歯です。

  • 金属のバネがなく、審美性に優れる
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない

金属床入れ歯
金属床入れ歯

床部分に耐久性の高い金属を使用した入れ歯です。保険診療の入れ歯と比べ、薄く作ることができ、違和感が抑えられます。
また、食べ物や飲み物の熱をしっかりと伝えてくれますので、お食事をより美味しく召し上がっていただけます。

  • 薄く作ることができるので、違和感が少ない
  • 耐久性に優れる
  • 熱の伝導性に優れ、食事を楽しめる

磁性アタッチメントデンチャー
磁性アタッチメントデンチャー

歯の根に磁性金属を、入れ歯に磁石を取り付け、双方が引き合う力を利用して安定を得る入れ歯です。
磁力により、しっかりと安定します。金属のバネを使用しませんので、審美性にも優れます。

  • 金属などが見えることはなく、審美性に優れる
  • 磁力により、入れ歯がしっかりと安定する
  • 簡単に着脱できるためお手入れしやすい

インプラントオーバーデンチャー
インプラントオーバーデンチャー

インプラントの技術を応用した入れ歯です。顎の骨に埋め込んだ2~4本のインプラントを支えとして、入れ歯を強固に安定させます。
歯がまったくない方、ほとんどの歯を失ってしまった方におすすめです。

  • 金属のバネなどがなく、審美性に優れる
  • 入れ歯がしっかりと安定し、強く噛める
  • すべての歯をインプラント治療でまかなう場合と比べ、費用が抑えられる

治療用義歯について

最終的な総入れ歯を作製する前に、仮に使用する入れ歯です。

通常、歯は長い年月をかけて失われていきます。そのため、その期間の入れ歯の使用の有無にかかわらず、噛み方の癖、顎関節のズレなどが生じている可能性が高くなります。

こういった癖・ズレを改善するために、この治療用義歯を使用します。治療用義歯の使用により、お口の状態が安定したことを確かめた上で、最終的な入れ歯を作製します。その後の口腔の形態の変化が抑えられ、ぴったり合った状態を長期間維持することが可能になります。

時間と手間はかかりますが、長く、快適に入れ歯を使用していただくために、入れ歯を作る際にはすべての方に一度検討していただきたい治療法です。

入れ歯の保証制度

当院では、当院にて部分入れ歯・総入れ歯をお作りした患者様が半年に1回のメンテナンスに通っていただいた場合に適用される保証制度を設けております。

入れ歯によって保証期間・内容などが異なりますので、詳しくは一度お問合せください。

ご予約・ご相談は
お気軽に

078-577-6611

受付時間
毎朝7:40頃からお電話予約は受け付けております。
休診日
日曜日、祝日、第2・第4土曜日
  • 医院ブログ
  • 求人募集
  • 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC
  • 入れ歯専門サイト
pagetop