緊急事態宣言が解除されましたが、第2波は必ず来るものと思って、当院では今後も色々な事に気を引き締めて行って参ります。

報道で言われていましたが、当院では唾液でのPCR検査は行っておりません。

当分の間、発熱があり、咳き込んでいる方、強いだるさのある方への歯科治療は差し控えさせていただきます。

政府がこの度新型コロナウィルス接触確認アプリを導入しました。今後第2波の感染防止のため当院スタッフ全員このアプリを導入しました。賛否はあると思いますが患者各位におかれましても待合室等での感染防止のためご導入をお願いいたしたいと思います。

下記にアクセスしていただけましたらアプリが導入できます。Wifi環境下で可能です。

アンドロイドスマホの方は

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar

iphonの方は

https://apps.apple.com/jp/app/id1516764458

また必要であると感じる方には体温計で体温測定をさせていただく事があることをご了承ください。

患者さんにおかれましては、来院時、退所時にアルコールでの手指消毒を各自厳密にお願いいたします。

当院の待合室にはパナソニック製の次亜塩素酸水を使用した「ジアイーノ」という空間除菌脱臭装置を設置していますのでご安心ください。

(新型コロナウィルスに関してのデータが少ない状況なので、次亜塩素酸を生成する「ジアイーノ」が新型コロナウィルスに対しての抑制効果があるかは検証されていません。ただ、現在販売されている家庭用の「空気清浄機カテゴリ」の中では除菌効果が非常に高いため、身を守るための選択肢として非常にお勧めです)

このような特殊な感染症の対応として、当院は開業当初から「外からウイルスを持ち込まない」という意識で診療所内は土足厳禁としております。新型コロナウイルスの病院内の感染は医師・看護師等の靴底からかもと言われています。当院は滅菌したスリッパを用意しておりますが、気になる方はご自身のマイスリッパをお持ちになってもらっても結構ですので・・。ただ高齢者の方には大変ご迷惑をおかけしておりますが、ご了承ください。

また、患者さん毎にチェア・ユニットを塩素系消毒剤(アグサT.B.S)で消毒を行っています。

※十分注意しておりますが、洋服が色落ちする可能性があります事をご了承ください。

日々院内の換気には留意しております。

受付は相互の感染予防のため、アクリル遮蔽板とフエイスシールドを着用させていただきます。

また「新しい生活様式」への取り組みの一環として、お金とか診察券・各種カードなどの手渡しの受け渡し等も極力さけたいと思っております。これからの社会の変容ウイズコロナを踏まえまして、これを機に各患者さんに「診察券アプリ」の導入をお願いしております。非接触型決済により感染予防にもなります。近々お帰りのお会計も「スマホレジ」で待ち時間なしに素通りで帰れるようになりますのでもう少しお待ちください。

また歯科特有のタービン等のエアゾルの問題でも、当院では各チェアに口腔外バキュームを設置しております。

また同様の原理で当院で取り扱っている医院全体の滅菌水装置POIC水でのうがいも非常に効果がありますのでご利用ください。

また第2波(秋から本格化)への当院のコロナウイルス対策として、待合室など患者さんが触られると思われる所には、抗ウイルス・抗菌性軟質フイルムを張り、感染防護を徹底しております。また、スタッフ全員の毎朝の体温チェックはもちろん、コロナウィルス抗体検査を月1回定期的に実施し、結果を待合室に掲示しております(7月は全員陰性)(今後兵庫県での感染拡大が起こるようでしたら、2週間に1回の検査に増やします)また、8月より治療当日の患者さん宛てにWEB上で「治療当日の体調アンケート」を発信し返答していただき、毎日の感染防止にも努力しております。今後第2波による患者さんが来院を控える可能性がある秋を目途に、当院に来院しなくても自宅にいながら歯科治療等の相談が受けれる「オンライン相談窓口」も8月末には開設の予定です。また感染防止のため現在の「手書きの問診票」を「WEB問診票」に、スタッフの器具洗い等の感染防止のための「自動洗浄機」「光学印象装置」の導入、現金の受け渡しを無くすための「自動精算機」の導入を順次進めていきます。

 

三戸岡歯科医院